初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、開幕戦参戦へ

D.ペドロサ、開幕戦参戦へ

左膝と左手を負傷したペドロサは、開幕戦に参戦することを決断。特に左膝の回復具合がぎりぎりに間に合ったことを認めた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは7日、自身のブログで、開幕戦カタールGPの参戦を認めた。

今年2度目のカタール合同テスト2日目に転倒を喫した際、昨年第10戦ドイツGPでも負傷した左手を骨折。さらに、第16戦オーストラリアGPで強打して12月に手術を受けた左膝を再び強打。手術の傷口が開いてしまったことから、緊急帰国して、3月4日に手術を受けていた。

「カタールに行くことを伝えられるから嬉しい。ここ数週間は、カタールに間に合うように、ハードワークだったけど、トレーナーと一緒に取り組んだトレーニングのおかげで、最終的に可能となった」と、喜びのコメントを語った。

「確かにギリギリだった。ヘレスでのテストが行われている時、膝は90度しか曲がらなかったけど、ここ数日間ですごく良くなった。最後まで頑張り、最終的に、開幕戦に走るため、カタールに行くことを決めた。」

「レースに復帰できることが嬉しいけど、まだ100%回復していないから、ギャップがあることを覚悟している。」

「フェレイラ医師とミル医師は、エクセレントな仕事をしてくれた。膝の回復時間はちょうど。カタールでは数ポイントを稼ぐことだけを自覚している。だけど、シーズン最後には、このポイントが非常に重要になるかもしれない。」

松葉杖を使用しての歩行が可能になってから、スペインからスイスに移り、リハビリに専念していたペドロサは、オフィシャルテストを見逃さずに観戦。

「僕のメカニックたちとメッセージを見て、本当に嬉しかった。もう直ぐ彼らに会える。」

「ストーナーはとても強い。ロッシは全ての可能性を屈して彼に追いつこうとトライしている。ロレンソも上位にいた。カリオは1年目からすごく上手くやるだろう。スズキ勢は戦闘力があることを証明した。」

ペドロサは、9日にサーキット入り。メディカルチェックを受け、開幕戦カタールGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2009, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›