初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:M.シモンセリ、今季初の1番グリッド

QP:M.シモンセリ、今季初の1番グリッド

雨のため、公式予選がキャンセルとなり、王者シモンセリが通算100戦目をポールポジションから迎えることが決まった。

第2戦日本GPの公式予選は25日、ツインリンクもてぎで行われたが、雨のため、セッションはキャンセル。フリー走行の総合タイムで、スターティンググリッドが決定した。

ドライで行われたフリー走行1の順位で、スターティンググリッドが決定したことから、左手舟状骨を骨折して開幕戦をキャンセルしたマルコ・シモンセリが、昨季最終戦バレンシアGP以来、250ccクラスで通算8度目のポールポジションを獲得した。

1列目には、青山博一、アルバロ・バウティスタ、マティア・パシーニが続き、開幕戦を制したエクトル・バルベラは5番手。ラファエレ・デ・ロサ、ガボール・タルマクシ、マイク・ディ・メッリオが2列目に並ぶ。

富沢祥也は、フリー走行1では予選突破タイムをクリアーできなかったが、フリー走行2で基準タイムの107%内で走行したため、明日の決勝レースに、レギュラーライダーとして地元初レースを迎える。

Tags:
250cc, 2009, POLINI GRAND PRIX OF JAPAN, QP

Other updates you may be interested in ›