初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、4位獲得に前向き

C.ストーナー、4位獲得に前向き

序盤で7番手まで後退したストーナーは、チャタリングの問題に見舞われたが、全体的の評価に満足感を示した。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、第2戦日本GPの決勝レースで2番グリッドから4位でフィニッシュ。ポイントリーダーから3ポイント差のランク3位に後退した。

「全体的にはすごく嬉しい。すごく良く走れたと思う。チームは、週末の僅かな時間の中でベストな仕事をした」と、レース後に振り返った。

「序盤にあれほどタイムロスしなければ、上位進出が許されるタイムだった。ウォームアップ中にフロントブレーキでチャタリングを引き起こす問題が見つかり、序盤の6、7ラップはフレーキングの自信がなかった。」

「リザルトはもっと悪くなったかもしれない。ヘレスではもう少し良くなるかもしれない。グッドなスタートが切ることができるだろう。上位争いがしたい。」

Tags:
MotoGP, 2009, POLINI GRAND PRIX OF JAPAN, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›