初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:3人のヤングライダーがセッションリード

FP2:3人のヤングライダーがセッションリード

新世代を代表するダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンソ、ケーシー・ストーナーがセッションをリードすれば、フリー走行1でトップだったバレンティーノ・ロッシは7番手に後退。高橋裕紀は16番手だった。

第3戦スペインGPのフリー走行2は2日、ヘレス・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度27度のドライコンディションの中、昨年勝者のペドロサは、3月末のオフィシャルテストを左膝の負傷でキャンセルしたことから初日のフリー走行1では10番手だったが、2度目のセッションで1分39秒422の1番時計を記録。セッションをリードした。

昨年のポールシッター、ホルヘ・ロレンソは、安定して1分39秒台を刻み、0.054秒差の2番手に位置。

オフィシャルテストで1番時計を記録したケーシー・ストーナーは、最少周回数の16ラップを走行。1度目のコースインで1分39秒台を記録して、0.120秒差の3番手に入った。

3人の1分39秒台リズムに続いたのは、ランディ・ド・プニエ、アンドレア・ドビツィオーソ、コーリン・エドワーズ。

フリー走行1でトップだったバレンティーノ・ロッシは、0.822秒差の7番手。ロリス・カピロッシ、マルコ・メランドリが続き、最多23ラップを周回したニッキー・ヘイデンがトップ10入りした。

初日16番手だった高橋裕紀は、18ラップを走行。トップから1.781秒差の16番手だった。

MotoGPクラスの公式予選は、現地時間の2日14時05分。日本時間の21時05分にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, FP2

Other updates you may be interested in ›