初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:V.ロッシ、初セッションから快走のトップタイム

FP1:V.ロッシ、初セッションから快走のトップタイム

アンダルシアの輝く太陽の下、第3戦スペインGPが開幕。08年王者バレンティーノ・ロッシが初日のフリー走行1から快走のトップタイム。ロリス・カピロッシ、ケーシー・ストーナー、ホルヘ・ロレンソ、アンドレア・ドビツィオーソが続き、高橋裕紀は16番手だった。

第3戦スペインGPのフリー走行1は1日、ヘレス・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度36度のドライコンディションの中、ポイントリーダーから1ポイント差のランク2位につける08年王者ロッシは、序盤からセッションをリード。2度目のコースインから1分39秒台を安定して刻み、1分39秒647の1番時計を記録した。

2006年に同グランプリを制したロリス・カピロッシは、4度目のコースインで1分40秒台に進入。0.364秒差の2番手に入り、今季最高のスタートを切った。

ヘレスでは1度も表彰台を獲得したことがないケーシー・ストーナーは、1度のコースインで1分40秒台に乗せ、トップから0.621秒差の3番手。

前戦勝者のホルヘ・ロレンソは4番手。アンドレア・ドビツィオーソ、コーリン・エドワーズ、ランディ・ド・プニエ、クリス・バーミューレン、マルコ・メランドリが続き、昨年の勝者ダニ・ペドロサは、1.561秒差の10番手だった。

11月末の合同テストと3月末のオフィシャルテストで走り込んだ経験がある高橋裕紀は、20ラップを走行。トップから2.251秒差の16番手だった。

MotoGPクラスのフリー走行2は、現地時間の2日10時05分。日本時間の17時05分にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, FP1

Other updates you may be interested in ›