初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:J.シモン、地元で今季2度目のポール奪取

QP:J.シモン、地元で今季2度目のポール奪取

オフィシャルテストでトップタイムをマークしたシモンが、開幕戦に続き今季2度目のポールポジションを獲得。小山と中上は20番手と21番手だった。

第3戦スペインGPの公式予選は2日、ヘレス・サーキットで行われ、フリアン・シモンがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温24度。路面温度35度。風の影響を受けるドライコンディションの中、3月下旬のオフィシャルテストを制したシモンは、1分48秒237の1番時計を記録。開幕戦に続き、2度目のトップグリッドを獲得。

フリー走行1でトップだったブラドリー・スミスが、0.197秒差の2番手。開幕戦に続き、バンカハ・アスパル勢が地元で1・2番グリッドを独占した。

開幕から2連勝のアンドレア・イアンノーネは、0.282秒差の3番手。マルク・マルケスは、自己最高位の4番手に入り、初めて1列目を確保。

セルジオ・ガデア、ドミニケ・エンジャーター、スコット・リーディング、ダニー・ウェッブ、サンドロ・コルセテ、ポル・エスパルガロがトップ10入り。

昨年の勝者シモーネ・コルシは12番手。昨年2位のニコラス・テロールは18番手。

日本勢は、小山知良が、2.327秒差の20番手に入れば、中上貴晶は、2.544秒差の21番手だった。

125ccクラスの決勝レースは、現地時間の3日11時00分。日本時間の18時00分にスタートする。

Tags:
125cc, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, QP

Other updates you may be interested in ›