初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ対ペドロサ、今季初のガチンコ対決

ロレンソ対ペドロサ、今季初のガチンコ対決

スペイン人ライダーたちにとっては、ヘレスは特別な舞台。地元を代表するロレンソとペドロサが優勝を狙う。

第3戦スペインGP決勝レースのスターティンググリッドに、ホルヘ・ロレンソとダニ・ペドロサが1列目に並び、13万人以上に膨らむ観衆だけでなく、世界中から注目を集める。

昨年の同レースでは、ロレンソがポールポジションを獲得したが、2番グリッドのペドロサがオープニングラップからレースの主導権を握り、優勝を飾った。

表彰台前には、観戦に来ていたスペインのファン・カルロス国王が、マスコミの話題となっていた両雄の不仲を取り持っていた。

スペインだけでなく、新世代を代表する2人の対決は、昨年3回。ペドロサに軍配が上がっていた。

ヘレスで4年連続のポールポジションを奪取したロレンソは、「今日のリザルトに大満足。ポールポジションからのスタートはポジティブだけど、重要なのはいつも言うように勝利だ」と、ポール・トゥ・ウイン達成に自信を見せた。

「楽しみたい。ベストを尽くしたい。スペインでは、ファンがペドロサと僕の2つに分かれるから、僕たちが優勝争いを展開すれば、レースは非常に面白いだろう。」

ロレンソが性格通りの発言をすれば、ペドロサも性格を表すように、「昨日はいいセッションではなかったから、1列目が嬉しい。まだ、やるべき仕事があるけど、グレートなレースとなるだろう」と語った。

2008年両雄が1列目からスタートした決勝レースリザルト

第2戦スペインGP
D.ペドロサ:2番グリッド → 優勝
J.ロレンソ:ポールポジション → 3位
第3戦ポルトガルGP
D.ペドロサ:2番グリッド → 2位
J.ロレンソ:ポールポジション → 優勝
第17戦マレーシアGP
D.ペドロサ:ポールポジション → 2位
J.ロレンソ:3番グリッド → リタイヤ

D.ペドロサのヘレスリザルト
MotoGPクラス
2008年:2番グリッド – 優勝
2007年:ポールポジション – 2位
2006年:5番グリッド – 2位
250ccクラス
2005年:ポールポジション – 優勝
2004年:3番グリッド – 転倒リタイヤ
125ccクラス
2003年:4番グリッド – 4位
2002年:8番グリッド – 4位
2001年:13番グリッド – 10位

J.ロレンソのヘレスリザルト
MotoGPクラス
2008年:ポールポジション – 3位
250ccクラス
2007年:ポールポジション – 優勝
2006年:ポールポジション – 優勝
2005年:9番グリッド – 6位
125ccクラス
2004年:14番グリッド – 転倒リタイヤ
2003年:22番グリッド – 15位
2002年:33番グリッド – 22位

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, Dani Pedrosa, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›