初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:V.ロッシ、決勝レース前にトップ浮上

WUP:V.ロッシ、決勝レース前にトップ浮上

5番グリッドのロッシが決勝レース前にトップを奪回すれば、ロレンソはノーストップランでハイリズムをマーク。高橋も12ラップ連続走行で準備を進めた。

第3戦スペインGPのウォームアップ走行は3日、ヘレス・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度27度のドライコンディション。強風に見舞われた公式予選だったが、風が落ち着いた中、4番グリッドのロッシは、1分39秒778を記録。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、ノーストップの連続走行を実施。1分39秒台のリズムを刻み、0.039秒差の2番手。

2番グリッドのダニ・ペドロサ、3番グリッドのケーシー・ストーナー、6番グリッドのロリス・カピロッシが続き、トニ・エリアス、ランディ・ド・プニエ、クリス・バーミューレン、アンドレア・ドビツィオーソ、セテ・ジベルナウがトップ10入り。

13番グリッドの高橋裕紀は、連続12ラップを走行。1.281秒差の13番手だった。

250ccクラスは、5番グリッドの青山博一が1番時計。2番グリッドのマルコ・シモンセリ、ポールポジションのアレックス・デボンが続き、10番グリッドのガボール・タルマクシが4番手に入った。

3戦目を迎える17番グリッドの富沢祥也は、16番手だった。

125ccクラスは、ポールポジションのフリアン・シモンがトップタイム。2番グリッドのブラドリー・スミス、3番グリッドのアンドレア・イアンノーネが続き、18番グリッドのニコラス・テロールが4番手に浮上。

21番グリッドの中上貴晶は20番手。20番グリッドの小山知良は22番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, WUP

Other updates you may be interested in ›