Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、ブレーキトラブルでリタイヤ

M.カリオ、ブレーキトラブルでリタイヤ

開幕戦から新人勢トップとなる連続8位でフィニッシュしてきたカリオだったが、ブレーキトラブルに見舞われ、リタイヤを余儀なくした。

プラマック・レーシングのミカ・カリオは、第3戦スペインGPの決勝レースで、17番グリッドから3戦連続のトップ10入りを目指したが、リアブレーキに問題が発生して、リタイヤを強いられた。

開幕戦から連続8位で、新人勢トップのポイントを稼いでいた26歳のフィンランド人ライダーは、一時は13位まで浮上したが、徐々に後退。13ラップ目にピットインした。

「上手く行っていただけに、とても悲しい」と、カリオは今季初のリタイヤに厳しい表情を見せた。

「スタートで3人を抜いたけど、リアからストレンジな感触が伝わってきた。状況が悪化して、ピットに入ることを強いられた。もう一度トップ10に入ることができただけに残念。フランスで改善するために状況を分析しよう。」

テクニカルディレクターのファニアーノ・ステルラッチーニは、「ミカはリアブレーキの問題がありました」と、リタイヤの原因を説明。

「レースの序盤は良かったけどが、突然、状況をコントロールできなくなり、ピットに入ることを選択しました。我々は何が発生したのかを理解しなければいけません。」

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, Mika Kallio, Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›