初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、存在示す今季初の表彰台

M.マルケス、存在示す今季初の表彰台

2年目を迎えるマルケスは、昨年は開幕直前の鎖骨骨折により、今回がヘレスデビュー。スペイン選手権時代に優勝を経験した舞台で、存在感をアピールした。

レッドブル・KTM・モータースポーツのマルク・マルケスは、第3戦スペインGPの決勝レースで4番グリッドから3位。今季初、通算2度目の表彰台を獲得した。

2007年のスペイン選手権でステファン・ブラドル、ペレ・トゥトゥサウス、スコット・リーディングらに競り勝って、唯一の優勝を挙げた舞台に臨んだ16歳のスペイン人ライダーは、初の1列目からスタート。

「風が強かったから、ハードなレースだったけど、初めての1列目からのスタート。ほんの少しだけだけど、ストレートが完璧なクリーンな状態だった。スタートが決まって、2番手に上がったけど、4コーナーでミスを犯してしまって、転びそうになってしまった。」

6人による2位争いの中、最後尾から巻き返してきたジョナス・フォルガーがラスト2ラップの最終コーナーでポル・エスパルガロと接触した隙に、セルジオ・ガデアと共に抜け出した。

「2位になれそうだったけど、最後のストレートでエンジンが走らず、ガデアに抜かれてしまった。でも、表彰台。ファンの前で嬉しい。」

第2戦日本GPの5位に続き、3位を獲得したマルケスは、ポイントリーダーから10.5ポイント差の6位に浮上した。

Tags:
125cc, 2009, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›