初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ヴィライロー、自宅での負傷から回復

R.ヴィライロー、自宅での負傷から回復

左足を負傷していたラタパーは、ロッシのように自宅で負傷したが、ルマンでは初の表彰台に向けて、バトルすることを誓った。

タイ・ホンダ・PTT‐SAGのラタパー・ヴィライローは、前戦スペインGPで左足を強打したが、自宅でも右手を負傷していた。

第2戦日本GPの決勝レースで転倒を喫した22歳のタイ人ライダーは、第3戦スペインGPの公式予選で再び転倒した際に、左足を強打。決勝レースでは15位で完走を果たした。

しかし、活動の拠点であるバルセロナ郊外のアパートで、右手を数針縫うケガに見舞われた。

「毎日左足のリハビリに取り組み、痛みが治まり、足の状態も回復してきた。ルマンにはいい状態で臨めるだろう。しかし、家でアクシデントにあった。右手を縫わなければいけなかったけど、心配はないだろう」と、説明。

「フランスでは、初の表彰台に向けてバトルする。僕は楽観的で、野心家なんだ。目標達成に向けて、全力を尽くす。」

Tags:
250cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›