初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、気象状況に対応する重要性を説明

V.ロッシ、気象状況に対応する重要性を説明

変わりやすい天候が予報されている中、通算99勝目を狙うロッシは、異なったコンディションに対応するための異なったセッティングの必要性を強調した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第4戦フランスGPのフリー走行1で6番手。ドライコンディションでのセッティングに自信を示した。

「コンディションはとても悪かった。45分間も走れなかったから、セッションの全ての時間を活かせることができなかった。ここで天気のことを判断するのは難しいけど、幸運にもドライでグッドな周回数を重ねることができた」と、ドライレースへの準備が進んだことを認めた。

「セッティングを改善するために調整し、自信を感じるけど、コースに戻った時に雨が降り始めた。」

「ドライで走るのか、ウェットで走るのか、明日の天候を確認しなければいけない。ここでは5分ごとに天候が変わるから、明日は今日のデータを使用して、レースへの準備に向けて、さらにデータを収集することができるだろう。」

フランスGPでのリザルト

MotoGP/500ccクラス
2008年: 4番グリッド – 優勝
2007年: 4番グリッド – 6位
2006年: 7番グリッド – リタイヤ
2005年: ポールポジション – 優勝
2004年: 4番グリッド – 4位
2003年: ポールポジション – 2位
2002年: ポールポジション – 優勝
2001年: 3番グリッド – 3位
2000年: 10番グリッド – 3位

250ccクラス
1999年: ポールポジション – リタイヤ
1998年: 3番グリッド – 2位

125ccクラス
1997年: 3番グリッド – 優勝
1996年: 13番グリッド – リタイヤ

1996年から1999年は、ポールリカールで開催

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›