初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.M.アスパル、タルマクシ再起用にトライ

J.M.アスパル、タルマクシ再起用にトライ

アスパルは、突然参戦をキャンセルしたタルマクシを再起用するために、直接対談を試みることを説明した。

バラトンリンク・チームのチームマネージャー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは、第4戦フランスGPの初日終了後、ガボール・タルマクシの契約無効とグランプリ参戦キャンセルの決断に関して、プレスカンファレンスを行った。

同グランプリ開催前日に、タルマクシが所属するマネージメント会社、ファースター・マネージメントは、アスパルが率いるマネージメント会社が、リザーブマシンの準備不足や肖像権の使用に関して、意見の不一致があったことから、2年間の契約を無効にするための手続きを開始したことを発表。

フリー走行1終了後、緊急会見を開いたアスパルは、「1人1人のプロフェショナルなキャリアにおいて、本当に信じることに従って行動することができます。タルマクシの決断は、非常に間違っていると思います」と、説明。

「本当に残念です。彼は偉大なライダーであり、成績がそれを物語っています。2007年にチャンピオンに輝き、昨年はランク3位、そして、現在はランク5位に位置するライダーが、グランプリに参戦しないことは本当に驚きです。」

スペイン人マネージャーは来週、ルマンに姿を現さなかったタルマクシに会うために、ブタペストに行き、直接対談を試みる。

「私はトライします。彼を継続して起用したいです。全てのコラボレーションを、テクニカルサポートを提供することができますが、彼自信がプロジェクトを継続するか決断を下さなければいけません。」

アスパルは、タルマクシがバラトンリンク・チームからの参戦を改めて拒否した場合、他のチームから参戦する可能性について、契約上の問題から、その可能性がないことを示した。

「我々は今年全ての権利を所有しています。バラトンリンク・チームとのプロジェクトを継続します。非常に素晴らしいプロジェクトを彼と継続しましょう。」

来季初開催が決定しているハンガリーGPの舞台、バラトンリンクに関しては、「全く影響がありません。サーキット建設とチーム活動は、全く別のこと。プロジェクトはそれぞれ別々です」と、タルマクシの離脱が、サーキット建設に影響がないことを強調した。

バラトンリンク・チームは、タルマクシの代役として、昨季のスペイン選手権スーパースポーツクラスで全戦ポール・トゥ・ウインを達成して、タイトルを獲得したアンヘル・ロドリゲスを召集した。

Tags:
250cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›