初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、スタート勝負へ

N.ヘイデン、スタート勝負へ

リアのグリップ不足が解消されないヘイデンは、スタートで勝負を賭けることを誓った。

ドゥカティ・マールボロのニッキー・ヘイデンは、第4戦フランスGPの公式予選で、トップから1.708秒差の13番手。5列目から決勝レースを迎える。

新しいチーフクルーを迎え、フリー走行1から一気に2.5秒アップしたが、リタタイヤのグリップ不足が解消されていないことを認めた。

「ここルマンで、約束のセッティングが見つかり始めたけど、安定したコンディションでの時間が少なく、幾つかの困難があった。若干の進歩があったけど、まだ何かが必要だから、タイムがコンスタントに良くなって行かない」と、セッションを振り返った。

「まだ、リアのグッドなグリップが見つからない。コーナーでの挙動が大き過ぎる。考慮すべきポジションには遠いのは残念。明日の優先事項は、グッドなスタートを切ること。グッドなリザルトが獲得できるか見てみよう。」

ルマンでのリザルト

2008年: 6番グリッド – 8位
2007年: 7番グリッド – 転倒リタイヤ
2006年: 10番グリッド – 5位

2005年: 5番グリッド – 6位
2004年: 7番グリッド – 11位
2003年: 13番グリッド – 12位

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Nicky Hayden, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›