初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス:「前腕の力が足りない」

T.エリアス:「前腕の力が足りない」

前腕上がり症の手術から回復が遅れているエリアスは、ポイントを稼ぐために、決勝レースに挑戦することを誓った。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのトニ・エリアスは、第4戦フランスGPの公式予選で11番手。前腕上がり症により、力が入らない状況だが、ポイントを稼ぐために、決勝レースに臨むことを認めた。

第2戦での転倒の影響を受け、右前腕上がり症に苦しんでいた26歳のスペイン人は、前戦終了直後にバルセロナ市内の病院で手術を受けていた。

通常は1週間ほどで走行が可能となるが、回復が遅れたことから、「前腕の力が足りない。すごく疲れる。頑張っても、速く走れない。他のライダーたちのスリップについけば、少しは助かるけど、厳しい状況だ」と、セッションを振り返った。

「今日はセッティングを大きく進歩させ、金曜と比較すれば、タイムがすごく良くなった。みんなが全力を尽くしている。明日は可能な限りのポイントを稼ぐことを目標にコースに出る。」

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Toni Elias, Alex de Angelis, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›