初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ジベルナウ、左鎖骨を再骨折

S.ジベルナウ、左鎖骨を再骨折

過去にルマンで2度の優勝を挙げたジベルナウは、転倒を喫した際に左鎖骨を骨折。バルセロナ市内の病院で精密検査を受けるために、緊急帰国することとなった。

グループ・フランシスコ・エルナンドのセテ・ジベルナウは、第4戦フランスGPのフリー走行2で転倒した際に、左肩を強打。左鎖骨を骨折した。

16ラップ目のシケインで、ハイサイドから路面に叩きつけられた36歳のスペイン人ライダーは、クリニカ・モービルで診断を受け、左鎖骨を2箇所骨折したことが判明。

今日中にスペインに帰国して、バルセロナ市内の病院で精密検査を受け、その結果次第では、手術を受けることとなった。

ジベルナウは、2006年に同箇所を2度骨折。昨年11月には、復帰に向けて固定プレートを除去する手術を受けていたが、2月下旬には左肩の靭帯と半脱臼。同グランプリ前には、左肩の状態が良くなっていることを認めていた。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Sete Gibernau, Grupo Francisco Hernando

Other updates you may be interested in ›