初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、14秒差を逆転して表彰台獲得

D.ペドロサ、14秒差を逆転して表彰台獲得

最初にマシン交換を決断したペドロサは、14秒差のギャップを逆転して3戦連続の表彰台を獲得した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第4戦フランスGPの決勝レースでポールポジションから3位表彰台を獲得。ポイントリーダーとのギャップを9ポイント差とした。

5番手を走行していた6ラップ目にマシン交換のためにピットインした23歳のスペイン人ライダーは、「レース序盤は、何がベストなのかハッキリしなかった。路面が濡れていて、グッドなリズムがなかったから、ポジションを落とした。だから、早くボックスに戻り、スリックタイヤのバイクに交換することを決めた。そのタイミングがロッシと一致した」と、振り返った。

同時にコースインしたバレンティーノ・ロッシが目の前で転倒。「スリックタイヤでの最初のラップで、ロッシが僕の前で転び、路面に関してナーバスになってしまった。路面が濡れているのか、乾いているのか表面的には分からなかったから、ラップタイムはあまりにも良くなかった。そこで、大きくタイムロスしてしまったけど、タイヤが温まってから、リズムをアップすることができ、速く走ることができた。」

12ラップ目には、マシン交換を済ませたばかりのアンドレア・ドビツィオーソとのギャップが14秒以上あったが、「アンドレアに追いつくことができ、最後には捕まえ、追い越すことができた。彼はすごくいい走りをしていて、抜くのが難しかったけど、今日は抜くリズムがあった」と、逆転で3戦連続の表彰台を獲得。

「コンディションは本当に困難だったから、表彰台はファンタスティックだ。最終的に僕たちはグッドなリザルトを獲得した。」

フランスGPでのリザルト

MotoGPクラス
2009年:ポールポジション – 3位
2008年:ポールポジション – 4位
2007年:10番グリッド – 4位
2006年:ポールポジション – 3位

250ccクラス
2005年:ポールポジション – 優勝
2004年:ポールポジション – 優勝

125ccクラス
2003年:6番グリッド – 優勝
2002年:3番グリッド – 3位
2001年:15番グリッド – 17位

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›