初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀、マシン交換を初体験

高橋裕紀、マシン交換を初体験

高橋は、ウェットコンディションの中でポジションアップに成功。マシン交換を初体験した後には、ヘイデンとのバトル繰り広げた。

スコット・レーシングの高橋裕紀は、第4戦フランスGPの決勝レースで15番グリッドから13位でフィニッシュ。フラッグ・トゥ・フラッグのレースを初体験した。

初日と2日目は、セッティングに戸惑うことがあったが、ウェットコンディションとなったレースでは、序盤でポジションアップに成功。10ラップ目には6番手に進出した。

ピットインは11ラップ目。タイミング的には、4秒差落ちで7番手を走っていたコーリン・エドワーズと同時だった。

「初めてのフラッグ・トゥ・フラッグ。途中でバイク交換しましたが、経験もなく、難しかったです。序盤の雨の時は、いい感じで走れましたが、バイクを交換してから、タイヤを温めるのが難しく、そこが課題です。」

14ラップ目には、エドワーズに抜かれ、16ラップ目には、3秒差のギャップを広げられた。

「ピットに入るタイミングが難しく、上手くやればもっと上に行けたかもしれない、今回がベストだったかもしれない。何とも言えないですが、いい経験にはなりました。」

高橋は、最終ラップにレース中のベストラップをマーク。10ラップ目にマシンを交換したヘイデンと16ラップ目からバトルを繰り広げ、最後は0.041秒差の13位でチェッカーを受けた。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Yuki Takahashi, Scot Racing Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›