初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:J.シモン、32回の転倒を記録したサバイバルレースを制す

RACE:J.シモン、32回の転倒を記録したサバイバルレースを制す

33人中15人が完走したサバイバルレースを独走したシモンが、独走優勝した。

第4戦フランスGPの決勝レースは17日、ルマンで行われ、フリアン・シモンが今季優勝。通算2勝目でポイントリーダーに浮上した。

気温12度。路面温度12度のレインコンディションの中、ポイントリーダーのアンドレア・イアンノーネがオープニングラップに転倒すると、昨年ランク2位のシモーネ・コルシ、トップ走行中のニコラス・テロール、2位走行中のジョアン・オリベ、3位走行中のマルク・マルケス、7位走行中の小山知良ら次々に転倒。

ホールショットからトップを走行していたテロールが4ラップ目に転倒すると、7番グリッドのシモンがトップに浮上。32回の転倒を記録し、18人がリタイヤするレースの中、安定した走行で、2位に27.084秒差のアドバンテージを広げ、雨のレースとなった2005年第8戦イギリスGP以来となる通算2勝目を飾った。

16番グリッドのジョナス・フォルガーは、前戦転倒のリベンジを晴らす2位。史上5位となる最年少表彰台を獲得した。

12番グリッドのセルジオ・ガデアは、ラスト3ラップにブラドリー・スミスを抜き、2戦連続の表彰台を獲得。

公式予選で転倒を喫して、予選突破タイムを更新できなかった中上貴晶は、今季からの新規則により、31番グリッドからスタート。集中した走りで、トップから1分09秒235の5位。自己最高位でフィニッシュした。

オープニングラップで転倒して31番手まで交代したイアンノーネは、ドニミケ・エンジャーターに次ぐ7位。

2度の転倒を喫したテロールは、エフレン・バスケスに次ぐ9位。ロレンソ・サネティがトップ10入り。

チャンピオンシップは、シモンが55ポイントでトップに浮上。スミスに5.5ポイント差、イアンノーネに8.5ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イタリアGPは、今月29日に開幕31日に決勝レースが行われる。

Tags:
125cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, RAC

Other updates you may be interested in ›