初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、ランク1位を奪回

A.バウティスタ、ランク1位を奪回

昨年タイトル獲得に失敗した理由から、確実にポイントを稼ぐことにメンタリティを切り替えたバウティスタが再びトップに浮上した。

マプフレ・アスパルのアルバロ・バウティスタは、第4戦フランスGPの決勝レースでポールポジションから4位。13ポイントを加算して、ポイントリーダーに復帰した。

オープニングラップで11番手まで後退した24歳のスペイン人ライダーは、路面コンディションにより、転倒が相次ぐ中、チャンピオンシップに重要なポイントを少しでも多く稼ぐために慎重な走りに徹した。

「路面がすごく滑りやすかったから、難しいレースだった。最初はフィーリングを掴むことに集中して、バイクが滑るから注意深く走ったけど、上位陣はストロングにプッシュしていた。徐々にリズムを掴み、速く、快適に走れることが見えたけど、前で次々にライダーたちが転び、完走して、ポイントを稼ぐという慎重なオプションを選択した」と、レース後に説明。

昨年は4戦を終了した時点で、ポイントリーダーから43ポイント差のランク6位に位置。昨年の反省から、メンタリティを変えて、ポイントを稼ぐことに徹している。

「4位は望む結果ではなかったけど、状況を見れば、ポイントを稼ぐことが、ここでは重要だった。もし、この調子を継続すれば、安定して上位に進出することができる。」

Tags:
250cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Alvaro Bautista, Mapfre Aspar Team 250cc

Other updates you may be interested in ›