初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.フォルガー、転倒せずに史上4番目の最年少表彰台

J.フォルガー、転倒せずに史上4番目の最年少表彰台

MotoGPアカデミー出身のフォルガーは、初表彰台を目前で逃した前戦のリベンジを苦手ウェットで晴らした。

オンガッタ・ISPAのジョナス・フォルガーは、第4戦フランスGPの決勝レースで16番グリッドから2位フィニッシュ。参戦10戦目で歴代4番目となる史上最年少表彰台を獲得した。

前戦では、公式予選でマシントラブルに見舞われて最後尾36番グリッドからスタートした15歳のドイツ人ライダーだったが、驚異的な追い上げで、3番手まで浮上。2番手に進出するチャンスがあったが、ラスト2ラップの最終コーナーでインサイドから進入した際に、接触転倒を喫してしまった。

歴史的な34人抜きの記録と初表彰台を逃してから2週間後、ジョナスは、昨年MotoGPアカデミーのスペシャルプランでワイルドカード参戦したフランス選手権の経験を活かして、16番グリッドから苦手意識のあったウェットコンディションだったが、セルジオ・ガデア、スコット・リーディング、小山知良、ステファン・ブラドル、ブラドリー・スミスを抜き、12ラップ目に2番手に浮上した。

「最高だ。信じることができない。ストレンジなウィークエンド。この天候でものごとが難しくなった。土曜にいい感触を掴み始めたから、レースには自信があった。ただ速く走ることに徹し、ブラドリー・スミスに追いついた。彼を抜き、アドバンテージを維持することができた。」

コースイン毎に成長を続けるジョナスは、ポイントリーダーから22ポイント差のランク5位。ルーキー勢トップに位置する。

史上最年少表彰台獲得ランキング

1. I.パレッゼーセ‐15歳と77日: 1977年ベネズエラGP
2. M.マルケス‐15歳と126日: 2008年イギリスGP
3. S.リーディング‐15歳と170日: 2008年イギリスGP
4. J.フォルガー‐15歳と277日: 2009年フランスGP
5. M.メランドリ‐15歳と283日: 1998年イタリアGP
6. D.ペドロサ‐15歳と359日: 2001年バレンシアGP
7. P.エスパルガロ‐16歳と98日: 2007年ポルトガルGP
8. I.ゴイ‐16歳と121日: 1996年オランダGP
9. J.ロレンソ‐16歳と139日: 2003年リオGP
10. B.スミス‐16歳と173日: 2007年フランスGP

* トップ10は全て125ccクラスだった。

Tags:
125cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Jonas Folger, Ongetta Team I.S.P.A.

Other updates you may be interested in ›