初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティ、転倒の巻き添えに激怒

T.ルティ、転倒の巻き添えに激怒

フリー走行から快走していたルティは、過去に2度の優勝を飾った舞台で、今季初表彰台を狙っていたが、デボンの転倒に巻き込まれた。

エミーカフェラテ・アプリリアのトーマス・ルティは、第4戦フランスGPで2位走行中のラスト10ラップに、後方を走っていたアレックス・デボンの転倒に巻き込まれてリタイヤ。今季初表彰台を逃した。

今季初の1列目3番グリッドから5ラップ目に2位に浮上。2005年に初優勝を飾った舞台で快走を見せていたが、突然転倒に巻き込まれ、「デボンが1人で滑り、僕のリアタイヤにぶつかった。なぜ、あんなことをトライしたのか全く解らない。何が彼の頭をよぎったのか理解できない」と、興奮した。

「表彰台でフィニッシュする確信があった。序盤から1人で走り、僕のバイクは良く走っていた。無謀なことで、僕をクラッシュさせたの、今回が初めてのことではない。転倒の後で言い訳はなしだけど、今までのことが無駄になってしまった。」

昨年キャリア初優勝を飾った舞台で今季初表彰台を狙ったデボンは、「リズムをアップしていて、ルティを捕まえるところまで来て、抜く準備をした時に、ブレーキングでフロントが切れ込み、転んでしまった。その上、彼を倒してしまった。悪く思う」と、レース後に語った。

Tags:
250cc, 2009, GRAND PRIX DE FRANCE, Thomas Luthi, Emmi - Caffe Latte

Other updates you may be interested in ›