初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル‐タルマクシ、それぞれの道へ

アスパル‐タルマクシ、それぞれの道へ

ハンガリープロジェクトの象徴的な存在だったバラトンリンク・チームは、タルマクシが離脱。新ライダーを迎え入れることとなったが、プロジェクトそのものは継続されることが確認された。

バラトンリンク・チームのチームマネージャー、ホルヘ・マルティネス・アスパルと250ccライダー、ガボール・タルマクシは25日、ハンガリーの首都ブダペストでプレスカンファレンスを行い、契約を解除することを発表した。

前戦フランスGPの開催直前に、ハンガリー人ライダーのマネージメント会社は、スポーツ面(リザーブマシンの不足)と権利面(肖像権)を不服として、一方的に不参加を発表。

2台のマシンが準備されたチームのピットボックス内で、契約上チームが肖像権を所有していることを説明したスペイン人マネージャーは、グランプリ終了後、タルマクシとの直接会談を試みるために、ブダペストに行くことを語っていた。

記者会見に出席した両者は、肖像権に関する認識不足が主な原因だったことを認めた上で、2年契約のタルマクシが、バラトンリンク・チームのプロジェクトから離脱することを発表した。

「序盤の3戦で大変ポジティブな結果を獲得したことを確認したいですが、ガボールは契約を破棄することを決断しました。我々は問題を解決するためにブダペストに来ましたが、不運にもハンガリー国内における彼の権利運営が原因により、合意には至らなかったです」と、アスパルは説明。

「私個人とガボールとの関係は常に完璧でした。今は、スポーツ面とプライバシー面において、彼のベストを願うだけです。この状況は非常に悲しいですが、我々のプロジェクトは、過去を振り返るのではなく、将来に向けて努力を尽くさなければいけません。」

バラトンリンク・チームは、チャンピオンシップの参戦を継続。タルマクシの代役には、ハンガリー出身のライダーを起用する方向で調整を進め、今週末の第5戦イタリアGP前には、新ライダーを発表する予定。

「ハンガリープロジェクトを継続しましょう。チームはガボールのシートを占める新しいライダーと共に仕事を進めます。バラトンリンク・サーキットは、もう時期完成します。予定よりも、スケールが大きいです。」

「我々の関係は終結しました。今日からそれぞれの道を進みます。ガボールがグッドなチームを見つけることを願います。」

「誰もが知っているように、我々の125ccチームと250ccチームは、チャンピオンシップのリーダーです。この調子を維持し、バラトンリンク・チームにも我々の成功が広がるように、今後も努力を尽くして行きます。」

Tags:
250cc, 2009, Gabor Talmacsi, Balatonring Team

Other updates you may be interested in ›