初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:A.バウティスタも続き、3人のスペイン人ポイントリーダーが初日制覇

FP1:A.バウティスタも続き、3人のスペイン人ポイントリーダーが初日制覇

125ccクラスでシモン、MotoGPクラスでロレンソがトップタイムをマークした後、バウティスタが続き、3人のポイントリーダー、3人のスペイン人ライダーが初日を制した。

第5戦イタリアGPのフリー走行1は29日、ムジェロで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温27度。路面温度40度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのバウティスタが1分54秒017の1番時計を刻めば、ランク2位の青山博一が0.244秒差の2番手。

昨年ポールポジションを獲得したエクトル・バルベラは、1999年にステファノ・ペルジーニが記録した時速289.5キロを上回る時速292.6キロを記録。0.458秒差の3番手に入った。

昨年125ccクラスでポールポジションを獲得したラファエレ・デ・ロサは、アレックス・デボンに続く、5番手。カレル・アブラハム、ラタパー・ヴィライローが続いた。

昨年の勝者マルコ・シモンセリは、1.031秒差の8番手。マティア・パシーニ、エクトル・ファウベルがトップ10入り。

前戦で右鎖骨を骨折したジュール・クルーセルは、手術を受けてからムジェロ入り。痛みに耐えながら、15番手。

ムジェロ初挑戦の富沢祥也は、3.428秒差の17番手だった。

ロシア人ライダーのウラディミール・レオノフ、ガボール・タルマクシの後任に指名されたバラージュ・ネメス、アイトール・ロドリゲスの負傷代役に抜擢されたダニエル・アルカスは、トップから107%のタイムを更新できなかった。

Tags:
250cc, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, FP1

Other updates you may be interested in ›