初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「レースについて話すのはまだ早い」

J.ロレンソ:「レースについて話すのはまだ早い」

サッカーのチャンピオンズリーグを制したFCバルセロナのユニフォームを着て、サーキットに登場したポイントリーダーのロレンソは、1番時計を刻んだが、慎重な姿勢を崩さなかった。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第5戦イタリアGPのフリー走行1でトップタイムをマークした。

ポイントリーダーとして迎えた初セッションでは、最多27ラップを周回。2度目のコースインで1分50秒前半のリズムを刻むと、3度目のコースインでは11ラップの連続走行中に1分49秒台を3回記録した。

「グレートなスタートだけど、結論を出すことやレースについて話すには、今の段階では早すぎる。まだ1度目のセッションだ」と、慎重な姿勢を見せた。

「確かに、何も問題がなかった。セッション中はすごく気分が良かった。コースインする度に、何が待ち受けているか正確には分からない。ブリヂストンのパフォーマンスを良く学び、だんだん信頼感を増している。これはポジティブだ。ここでは僕たちは速いようだ。今のところすごくいい感じだ。」

「スペインよりもすごく暑いけど、問題なし。あまりにも雨が多すぎたから、太陽が必要だ。この天候が続くことを願う。」

イタリアGPのリザルト

MotoGPクラス
2008年: 7番グリッド – 転倒リタイヤ

250ccクラス
2007年: 20番グリッド – 8位
2006年: ポールポジション – 優勝
2005年: ポールポジション – 2位

125ccクラス
2004年: 8番グリッド – 10位
2003年: 18番グリッド – リザルトなし
2002年: 30番グリッド – 20位

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›