初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:バンカハ・アスパル勢がトップ3独占

FP2:バンカハ・アスパル勢がトップ3独占

軽量級のトップチーム、バンカハ・アスパルに所属する3人のヤングライダーたちがトップ3を独占した。

第5戦イタリアGPのフリー走行2は30日、ムジェロで行われ、フリアン・シモンがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したポイントリーダーは、唯一1分59秒台を突破する1分58秒853の1番時計を記録。

初日4番手だったブラドリー・スミスは、0.260秒差の2番手。セルジオ・ガデアが続き、バンカハ・アスパルが上位を独占した。

初日7番手だったサンドロ・コルテセは4番手に浮上。ニコラス・テロール、ポル・エスパルガロ、ロレンソ・サバドーリ、ダニー・ウェッブ、ランディ・クルメンナッハ、ドミニケ・エンジャーターがトップ10入り。

初日3番手だったアンドレア・イアンノーネは、転倒を喫して、22番手に後退。

日本勢では、初日17番手の中上貴晶が2.982秒差の24番手。27番手だった小山知良は僅か3ラップしか走行できず、トップから107%以内のタイムを記録できず、順位なしだった。

Tags:
125cc, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, FP2

Other updates you may be interested in ›