初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:C.ストーナー、トップ浮上

FP2:C.ストーナー、トップ浮上

初日3番手だったストーナーは、セッション終盤に転倒を喫したが、1番時計を記録。ロレンソ、ロッシが続き、ペドロサは右脚の痛みを理由にセッションを早めに切り上げた。

第5戦イタリアGPのフリー走行2は30日、ムジェロで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日3番手だったストーナーだったが、4ラップ目に1分50秒台を突破。5ラップ目に1分49秒323の1番時計を記録。その後も1分49秒台のリズムで周回を重ねたが、セッション終盤に3コーナーでローサイドから転倒を喫した。

フリー走行1でトップだったホルヘ・ロレンソは、セッティング違いの2台のM1を乗り比べ0.027秒差の2番手。4度のコースイン7で1分49秒台のリズムに突入した。

毎年恒例となっている地元でのスペシャルヘルメットで登場したバレンティーノ・ロッシは、0.194秒差の3番手。

初日12番手だったトニ・エリアスは、1分51秒台のペースだったが、最終ラップにロレンソをマーク。4番手に浮上すれば、ロリス・カピロッシまでが1分49秒台を記録。コーリン・エドワーズ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

初日4番手だったダニ・ペドロサは、セッション終了15分前に右脚の痛みを訴え、早めに走行を切り上げて8番手。アレックス・デ・アンジェリス、ランディ・ド・プニエがトップ10入り。

初日16番手だった高橋裕紀は、1.215秒のタイムアップに成功。2.069秒差の14番手だった。

ニッキー・ヘイデンは最後尾。チームメイトのストーナーから2.785秒差の17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, FP2

Other updates you may be interested in ›