初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:C.ストーナー&ドゥカティ、ムジェロ初勝利!

決勝レース:C.ストーナー&ドゥカティ、ムジェロ初勝利!

2戦連続してマシンを交換するスペクタクロなレースをケーシー・ストーナーが制し、ドゥカティのホームサーキットで初優勝をもたらし、バレンティーノ・ロッシのムジェロ8連勝を阻止。高橋裕紀は転倒リタイヤを喫した。

第5戦イタリアGPの決勝レースは31日、ムジェロで行われ、ケーシー・ストーナーが開幕戦以来となるシーズン2勝目を飾り、ドゥカティに地元初優勝をもたらした。

気温18度。路面温度20度ウェットコンディションの中、2番グリッドのストーナーは、4位走行中の10ラップ目にピットイン。14ラップ目にトップに飛び出しと、ライバルたちの追撃を抑え、ドゥカティにムジェロ初勝利をもたらした。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、サイティングラップで転倒。ピットボックスに戻り、2号車でのスタートを強いられたが、3位走行中の10ラップ目に修復したマシンに乗り換えてから、徐々に巻き返し、2位でフィニッシュ。

ムジェロ8連勝を狙ったバレンティーノ・ロッシは、ラスト2ラップに3位浮上。序盤レースの主導権を握ったアンドレア・ドビツィオーソと3番グリッドのロリス・カピロッシは、今季最高位となる4位と5位でチェッカーを受けた。

一時は16位までポジションを落としたコーリン・エドワーズは、最終ラップにチームメイトのジェームス・トーズランドを抜いて6位。ランディ・ド・プニエ、ニッコロ・カネパ、クリス・バーミューレンがトップ10入り。

ホールショットを決めた8番グリッドのダニ・ペドロサは、11位走行中の13ラップ目に転倒。今季最高位の10番グリッドからスタートした高橋裕紀は、マシンを交換した直後の11ラップ目に転倒リタイヤした。

チャンピオンシップは、ストーナーがポイントリーダーの座を奪回。ロレンソに4ポイント差、ロッシに9ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦カタルーニャGPは、2週間後の6月12日に開幕。14日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, RAC

Other updates you may be interested in ›