初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.ストーナーが雨のセッションを制す

WUP:C.ストーナーが雨のセッションを制す

2日間のホットコンディションから一転して小雨が降る中、2番グリッドのストーナーが1番時計。ポールポジションのロレンソは13番手に後退した。

第5戦イタリアGPのウォームアップ走行は31日、ムジェロで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度18度。セッション直前に雨が降り始めたウェットコンディションの中、2番グリッドのストーナーが2分01秒739の1番時計を記録。

15番グリッドのマルコ・メランドリが、0.496秒差の2番手に浮上。クリス・バーミューレン、バレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエ、コーリン・エドワーズ、アレックス・デ・アンジェリス、アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入り。

右脚を負傷し、セッション前にマッサージ治療を受けたダニ・ペドロサは11番手。ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、2.944秒差の13番手だった。

今季最高位の10番グリッドから決勝レースを迎える高橋裕紀は、3.767秒差の16番手だった。

250ccクラスは、ポールポジションのアルバロ・バウティスタがトップをキープ。マルコ・シモンセリ、エクトル・バルベラ、青山博一が続き、公式予選のトップ4が順位を繰り返せば、8番グリッドのマティア・パシーニが5番手に浮上。

6番グリッドの富沢祥也は、1.791秒差の9番手にジャンプアップした。

125ccクラスは、ポイントリーダーのフリアン・シモンがトップ。4番グリッドのセルジオ・ガデア、ポールポジションのブラドリー・スミスが続き、バンカハ・アスパル勢が上位独占。

6番グリッドのアンドレア・イアンノーネは6番手、2番グリッドのスコット・リーディングは9番手。

22番グリッドの中上貴晶は、ノーストップで咲いた0ラップを走行。1.484秒差の15番手に入り、28番グリッドの小山知良は4.046秒差の27番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, WUP

Other updates you may be interested in ›