初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、チームの総合力で2位獲得

J.ロレンソ、チームの総合力で2位獲得

ロレンソ・チームを指揮するロマニョーリは、短時間でマシンを修復することに成功したチームの総合力を絶賛した。

フィアット・ヤマハでホルヘ・ロレンソのチームを指揮するチームマネージャーのダニエレ・ロマニョーリは、第5戦イタリアGPでポールポジションから2位を獲得した決勝レースを振り返り、チームワークを賞賛した。

ロレンソは、サイティングラップ中に転倒を喫したことから、ピットボックスへの帰還を強いられたが、ピットレーンが閉鎖する直前に2号車に乗り込むことができ、ピットレーンからのスタートを回避することができた。

「信じられない1日でした。我々はスターティンググリッドで、ホルヘの到着を待っていましたが、彼が転倒したという連絡が入ってきました。ほんの僅かの時間で、ボックスに戻り、ポールポジションを失わずに、スターティンググリッドに位置することができました」と、慌しい状況を説明した。

「メカニックたちは、本当に素晴らしい働きをしました。ほんの僅かな時間で全てのダメージを修復する素晴らしい技能を証明しました。あの輝かしい仕事なしでは、我々のレースは悲しいものになっていたでしょう。」

ロレンソは、10ラップ目に修復され、ドライタイヤを装着したマシンの乗り換えるために、ピットインした。

「6、7ラップ目には、バイクの整備が完了しました。そして、10ラップ目にピットインするように、プログラムしました。次戦に向けて、大きな自信を持ち、グレートなリザルトを獲得できることを期待します。」

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›