初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第6戦カタルーニャGP‐125ccプレビュー

第6戦カタルーニャGP‐125ccプレビュー

ムジェロで上位を独占したスペイン選手権出身のヤングライダーたちが、地元で主役の座を狙う。

第6戦カタルーニャGPは、今週末にバルセロナ郊外のカタルーニャサーキットで開催。ブラドリー・スミスがポイントリーダーとして登場する。

スミスは、前戦でキャリア初のポール・トゥ・ウインを決め、ポイントリーダーに返り咲き、MotoGPアカデミーに所属して、スペイン選手権に参戦した際に、経験を積んだ第2のホームコースに挑戦。

前戦は優勝争い中の終盤にラジエターの問題が発生して、失速したフリアン・シモンは、チームメイトとの3.5ポイント差を地元で挽回したいところ。

地元グランプリで転倒リタイヤしてしまったアンドレア・イアンノーネは、ここ3戦の低迷から脱出して、バンカハ・アスパル勢とのギャップを少しでも詰めに行く。

地元カタルーニャ州出身を代表するのは、ランク4位のポル・エスパルガロと6位マルク・マルケス。最少年記録を次々に樹立する2人のヤングライダーは、地元の利を活かして、初優勝を狙う。

新人勢トップのランク9位に位置するジョナス・フォルガーにとっても、同サーキットは、スミス同様にMotoGPアカデミーに所属した経験から、第2のホームコース。ヘレスのパフォーマンスを再現して、上位進出を目指す。

MotoGPアカデミー出身の同僚たちが上位に進出する中、ランク18位の中上貴晶にとっては、第2のホームコースで存在をアピールしたいところ。

新天地ロンシンで厳しい戦いを強いられる小山知良は、初優勝の舞台で、エンジン開発に着手する。

カタルーニャGPの優勝者

2008年: M.ディメッリオ
2007年: 小山知良
2006年: A.バウティスタ
2005年: M.パシーニ
2004年: H.バルベラ
2003年: D.ペドロサ
2002年: M.ポジアーリ
2001年: L.チェッキネロ
2000年: S.サンナ
1999年: A.ヴァンサン
1998年: 眞子智実
1997年: V.ロッシ
1996年: 眞子智実

Tags:
125cc, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›