初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:A.デボンとA.バウティスタがセッションリード

FP1:A.デボンとA.バウティスタがセッションリード

ランク上位陣を抑え、デボンが1番時計。青山は3番手。富沢はマシントラブルに見舞われた。

第6戦カタルーニャGPのフリー走行1は12日、カタルーニャ・サーキットで行われ、アレックス・デボンがトップタイムをマークした。

気温34度。路面温度48度のドライコンディションの中、ランク14位のデボンが1分47秒291の1番時計を記録すれば、ランク1位のアルバロ・バウティスタが0.038秒差の2番手に位置。

第2のホームレースに挑戦する青山博一は、0.131秒差の3番手。前戦優勝のマティア・パシーニ、RSAに乗り換えたマイク・ディ・メッリオが続いた。

ランク3位のマルコ・シモンセリは、トーマス・ルティに次ぐ7番手。カレル・アブラハム、エクトル・ファウベル、ラタパー・ヴィライローがトップ10入り。

同舞台初挑戦となる富沢祥也は、電子系統のトラブルにより、僅か5ラップしか走れず、20番手だった。

Tags:
250cc, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›