初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ:「可能な限りのベストリザルトを狙う」

D.ペドロサ:「可能な限りのベストリザルトを狙う」

ベストラップをマーク中にコースアウトから転倒を喫したペドロサだったが、負傷はなく、明日のレースで全力を尽くすことを誓った。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第6戦カタルーニャGPの公式予選で8番手。昨年優勝した地元レースを3列目から迎える。

1年前の優勝を最後に表彰台の真ん中から遠ざかっている地元出身のペドロは、右大腿骨骨折の痛みに耐えながら、フリー走行2で、初日の14番手から4番手まで浮上。

しかし、公式予選ではベストタイムをマークしていた26ラップ目の4コーナーでコースアウト。グラベルで止まれ切れず、自ら転倒して、タイヤバリアーへの激突を回避した。

「昨日の状況を考えれば、今日のリズムに大満足。予選を突破し、できれば2列目までに入りたかったけど、ポジションはOKだ」と、振り返った。

「もし、転ばなかったら、タイムを伸ばしていた時だったから、もう少し前に行けたと思う。グラベルに入ったけど、壁に向かっていたから、バイクを倒すことにした。」

「今朝、痛みを和らげるために、鎮痛剤を打ち、すごく効果的だったから、午後は打たなかった。明日も朝に打って、レースでは可能な限りのベストリザルトに向けて、トライする。」

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›