初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:A.バウティスタ、快走のリズムでトップタイム

FP2:A.バウティスタ、快走のリズムでトップタイム

ポイントリーダーのバウティスタが、好リズムで周回を重ね、青山は7番手に後退した。

第6戦カタルーニャGPのフリー走行2は13日、カタルーニャ・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温36度。路面温度45度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったバウティスタが1分46秒台のリズムで周回。1分46秒122の1番時計を記録。

前戦勝者のマティア・パシーニは、0.286秒差の2番手に浮上。マルコ・シモンセリ、エクトル・バルベラ、アレックス・デボン、マイク・ディ・メッリオが続いた。

ホンダ勢のトップは青山博一。1.197秒差で、3番手から7番手に後退すれば、ラタパー・ヴィライロー、ロベルト・ロカテリ、トーマス・ルティがトップ10入り。

バルベラと共にロングランを実行した富沢祥也は、電気系のトラブルに見舞われ、初体験のコースを周回できなかった初日のうっ憤を晴らすように最多の26ラップを走行。1.863秒差の13番手に浮上した。

Tags:
250cc, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP2

Other updates you may be interested in ›