初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:J.シモン、地元で今季3度目のポール奪取

QP:J.シモン、地元で今季3度目のポール奪取

2度のフリー走行を制したランク2位のシモンが、カタール、ヘレスに続き、今季3度目のポールポジションを獲得した。

第6戦カタルーニャGPの公式予選は13日、カタルーニャ・サーキットで行われ、フリアン・シモンがトップタイムをマーク。今季3度目のポールポジションを奪取した。

気温38度。路面温度51度のドライコンディションの中、2度のフリー走行を制したランク2位のシモンは、1分51秒448の1番時計を記録。第3戦スペインGP以来となるトップグリッドを獲得した。

昨年の同グランプリで当時のランク4位となる史上最年少ポールポジションを奪取したポル・エスパルガロが0.020秒差の2番手。

第4戦フランスGPで史上最年少ランク4位となる表彰台を獲得した新人ジョナス・フォルガーが3番手。初の1列目を獲得すれば、ランディ・クルメンナッハが自己最高位の4番手に進出した。

セルジオ・ガデア、ニコラス・テロール、ブラドリー・スミス、アンドレア・イアンノーネ、ステファン・ブラドル、スコット・リーディングがトップ10入り。

昨年型エンジンを使用する小山知良は、1.487秒差の15番手。中上貴晶は、1.853秒差の21番手だった。

Tags:
125cc, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP

Other updates you may be interested in ›