初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀、右手中指骨折も次戦OK

高橋裕紀、右手中指骨折も次戦OK

ルーキーシーズン6戦目に向け、朝のウォームアップ走行で好パフォーマンスを披露した高橋だったが、オープニングラップで他車と接触。指を骨折したが、次戦には参戦する。

スコット・レーシングの高橋裕紀は、第6戦カタルーニャGP決勝レースのオープニングラップで転倒。右手中指を骨折した。

朝のウォームアップ走行で、1分44秒前半のリズムで周回。9番手のタイムをマークして迎えた6戦目も、スタートでポジションアップに成功したが、8コーナーの手前で転倒。

クリニカ・モービルでレントゲン検査を受けた結果、右手中指第一関節の骨折が判明。手術の必要はなく、患部を固定して、アイシングで早期回復を目指す。

「バーミューレンがブレーキポイントの手前でブレーキ。避けようとしましたが、ブレーキレバーがバーミューレンのバイクにぶつかり、指が挟まれてしまいました」と説明。

「フロントがブロックされて転び、エアークッションの手前で止まりましたが、バイクはそのまま突っ込みました。」

「明日のテストはキャンセル。残念ですが、次のアッセンはOKです。」

「午前中のように、T1、T2といい感じで乗れていました。予選で前にいるライダーたちを早く抜こうと気持ちが焦っていたかもしれません。危ないゾーンを回避するために、次からは予選で一発のタイムが出せるように、もっとアグレッシブに走るようにトライします。」

高橋は、テストをキャンセルするが、16日にチームと一緒にイタリアへ移動する。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Yuki Takahashi, Scot Racing Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›