初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:J.ロレンソ、2戦連続3度目のポールポジション奪取

公式予選:J.ロレンソ、2戦連続3度目のポールポジション奪取

フリー走行2でトップに浮上したランク2位のロレンソは、今年最高気温を記録した中、ロングランを実行した後に1番時計を記録。初日を制したロッシは2番手。ランク1位のストーナーは3番手。高橋は16番手。ペドロサは終盤に転倒を喫した。

第6戦カタルーニャGPの公式予選は13日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。2戦連続シーズン3度目のポールポジションを奪取した。

今季最高気温を記録する気温38度。路面温度52度のドライコンディションの中、フリー走行2を制したロレンソは、フリー走行2に続き、連続17ラップのロングランを実行した後、1分41秒974を叩き出し、ムジェロに続く連続1番時計を記録。地元ヘレスに続き、トップグリッドを獲得した。

セッションをリードしたバレンティーノ・ロッシは、0.013秒差の2番手。4戦ぶりに1列目を確保。

ポイントリーダーのケーシー・ストーナーは、0.452秒差の3番手。ロレンソと共に開幕からの6戦連続1列目をキープした。

ホンダ勢のトップは、アンドレア・ドビツィオーソ。トニ・エリアス、コーリン・エドワーズ、ランディ・ド・プニエが続いた。

午前のフリー走行2で4番手まで順位を巻き返したダニ・ペドロサだったが、終盤にコースアウト。止まりきれず、自ら転倒したが、負傷はなく、8番手。ジェームス・トーズランド、ミカ・カリオがトップ10入りした。

フリー走行2で13番手だった高橋裕紀は、1.803秒差の16番手。チームメイトのガボール・タルマクシは、3.859秒差。デビュー戦を最下位グリッドから迎える。

明日の決勝レースは、現地時間の14時。日本時間の21時にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP

Other updates you may be interested in ›