初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ&ロレンソ、バトルを語る

ロッシ&ロレンソ、バトルを語る

スペクタクロを演出したロッシとロレンソが、レースを振り返り、お互いを賞賛した。

第6戦カタルーニャGPの決勝レースは、バレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソが優勝バトルを展開。約9万人の観衆を熱狂させた。

最終ラップの最終コーナーを制して、同グランプリ通算9勝目、キャリア通算99勝目を挙げたロッシは、「マンマミーア!ロレンソとのバトルは、とても、とてもクローズだった。僕たちのバイクはグッドなセッティングがあり、2台とも同じようなリズムがあったから、ファンタスティックなレースの結末になることは覚悟していた」と、振り返った。

「グレートなレースだった。ロレンソがストロングなのは分かっていた。彼に勝つには100%を発揮しなければいけない。」

「通算99勝目を達成できて、すごく幸せだ。ここバルセロナで勝ち、25ポイントを稼ぐことは非常に重要だった。僕にとって、僕のチームにとって、ファンにとって、ファンタスティックだ。信じられないスペクタクロだったと思う。」

昨年は転倒により、地元デビューを果たせなかったロレンソは、期待していたチームメイトとのバトルを終え、「優勝とは同じではないけど、2位は昨年なかったレベルの継続を意味するから、僕たちにとってファンラスティックなリザルトだ」と、高く自己評価。

「率直に、バレンティーノは僕よりも勇敢だった。僕は十分にスペースを閉じなかったから、最終コーナーで僕を抜いて、勝った。優勝を祝福したい。」

「勇敢になることに徹して、スペースを見た時に彼に挑んだ。負けたけど、シーズン末までまだ多くのレースが残っている。」

チャンピオンシップは、優勝したロッシ、2位のロレンソ、3位のケーシー・ストーナーが106ポイントで同点。3人とも2勝を挙げていることから、同グランプリで優勝したロッシがポイントリーダーに返り咲いた。

3週間後の第7戦TTアッセンを、ランク1位として迎えるロッシは、「月曜にテストがある。一生懸命に働かなければいけないけど、その後にリラックスが必要。首に問題があるから、家で休み、アッセンに向けて、充電したい」と語った。

一方でロレンソは、「アッセンは僕の好きなコース。楽しみだ。好天気に恵まれ、今の調整で走りたい」と、抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›