初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:V.ロッシ、王者の貫禄を証明するビクトリー

決勝レース:V.ロッシ、王者の貫禄を証明するビクトリー

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソが、灼熱のバトルを展開。王者ロッシが最終ラップの最終コーナーを制し、通算99勝目を達成。ロッシ、ロレンソ、3位のケーシー・ストーナーの3人がチャンピオンシップで同ポイントに並んだ。

第6戦カタルーニャGPの決勝レースは14日、カタルーニャ・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシが優勝。今季2勝目を飾り、ポイントリーダーに復帰した。

気温36度。路面温度46度のドライコンディションの中、2番グリッドのロッシとポールポジションのホルヘ・ロレンソは、スタートからバトルを展開。最終ラップの最終コーナーでロッシが抜き去り、第3戦スペインGP以来シーズン2勝目。同グランプリ通算9勝目、通算99勝目を挙げた。

昨年は転倒で入院を強いられたロレンソは、0.095秒差の2位。シーズン5度目の表彰台を獲得。

3番グリッドのケーシー・ストーナーは、4番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソと3位争いを、0.052秒差で競り勝ち、シーズン4度目の表彰台を獲得。ドビツィオーソは3戦連続の4位だった。

11番グリッドのロリス・カピロッシは、右大腿骨を負傷している昨年の勝者ダニ・ペドロサを抑え、2戦連続の5位。コーリン・エドワーズ、ランディ・ド・プニエ、ミカ・カリオ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

左鎖骨骨折から復帰したセテ・ジベルナウは、15番グリッドから15位。デビュー戦となったガボール・タルマクシは、17位完走を果たした。

朝のウォームアップ走行でアベレージが良くなった16番グリッドの高橋裕紀は、スタートでポジションアップに成功したが、オープニングラップに転倒。

5度目の挑戦で初ポイントを狙ったトニ・エリアスも転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、表彰台を獲得したロッシ、ロレンソ、ストーナーが106ポイントに並んだが、今回の優勝でロッシがポイントリーダーに復帰した。

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, RAC, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›