初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ:「青山の方がベストだった」

H.バルベラ:「青山の方がベストだった」

最終ラップで2位から3位に後退したバルベラは、全力を尽くしたことを認め、ライバル青山を称賛した。

ペペワールド・チームのエクトル・バルベラは、第6戦カタルーニャGPの決勝レースで3位フィニッシュ。開幕戦以来の表彰台を獲得した。

昨年の第12戦サンマリノGP以来となるポールポジションを獲得した22歳のスペイン人ライダーは、「土曜はすごく速く走れ、全てがハッキリしていた」と、開幕戦以来となる2勝目を狙っていたが、セッティングを外したことを認めた。

「日曜の朝、天候が変わり、土曜よりも寒かったから、ウォームアップ走行中にバイクを軟らかく調整したけど、レースになったら、気温が上がり、4ラップしたら問題があるのに気づいた。全てのコーナーでバイクが大きく振られた。」

「とにかく、アルバロはすごく速く、ハイリズムで、僕は彼を追いかけるのが難しかった。」

「終盤、青山が迫って来て、苦しみ、サインボードを確認しながら、全力でプッシュしたけど、あれ以上はできなかった。最終ラップに抜かれ、ハードブレーキで抜き返そうとしたけど、彼の方がベストだった。」

「楽しかったし、嬉しい。ファンの前で走れたことは最高だ。ここで走れ、表彰台に上がれたことは豪華だ。」

Tags:
250cc, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Hector Barbera, Pepe World Team

Other updates you may be interested in ›