初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ:「MotoGPクラスで僕の居場所がある」

G.タルマクシ:「MotoGPクラスで僕の居場所がある」

最高峰クラスにデビューしたタルマクシは、初の合同テストを終え、最高峰クラスに参戦する自信があることを強調した。

スコット・レーシングのガボール・タルマクシは、最高峰クラスのデビュー戦となった第6戦カタルーニャGP後、合同テストに参加した。

12時前から途中1時間のランチタイムをはさみ、17時までテストに取り組んだ28歳のハンガリー人ライダーは、「レースでは全てが速かった。サインボードを見た瞬間にブレーキングポントに着いてしまったが、今日は全てをコントロールした」と、初テストを振り返った。

「ラップタイムが良くなったのは重要。異なったセッティングを試した。特にフロントフォーク。電子制御とトラクションコントロールの仕事をしたけど、理解するには難しい。バイクへの自信は増している。僕は将来に向けてポジティブだ。」

250ccクラスで3戦を経験しただけで、最高峰クラスへの挑戦を開始した2007年125ccクラス王者は、「テストを終え、僕はストロングだと感じる。今はMotoGPクラスで居場所があると思う」と、自信があることを強調した。

タルマクシは来週末、昨年125ccクラスで優勝を飾った舞台で最高峰クラス2戦目を迎える。

第6戦カタルーニャGP

フリー走行1: 1分47秒654 ‐ 21ラップ
フリー走行2: 1分46秒844 ‐ 22ラップ
公式予選: 1分45秒833 ‐ 21ラップ
ウォームアップ: 1分45秒374 ‐ 10ラップ
決勝レース: 1分45秒652 ‐ 25ラップ

合同テスト: 1分45秒056 ‐ 53ラップ

Tags:
MotoGP, 2009, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Gabor Talmacsi, Scot Racing Team MotoGP

Other updates you may be interested in ›