初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一:「アッセンは攻め甲斐がある」

青山博一:「アッセンは攻め甲斐がある」

トラブルを抱えながら第2のホームレースで2位に入った青山は、今週末にテストの成果を発揮する。

スコット・レーシングの青山博一は、ランク2位として第7戦TTアッセンに挑戦する。

第2のホームレースとなった前戦カタルーニャGPでは、レース中数回に渡って、エンジンが止まるアクシデントに見舞われたが、ラスト3ラップにマティア・パシーニ、ラストラップにエクトル・バルベラを抜き、第3戦スペインGP以来となるシーズン3度目の表彰台を獲得。

「ゴールできたのがラッキーです。エンジンのトラブルがなかったら?どうですかね。優勝できたかは分かりませんが、最低でも2位で、タイム的にはもっと良かったはず」と、振り返った。

青山はチームと共にサーキットに延滞。合同テストに参加して、11時からタイムアップの18時まで、意欲的にプログラムを消化した。

「テストはレースで出た問題点の解決策を見つけること。主に、エンジンと車体のセットアップ。僕もチームも興味深いことがあり、次のレースが楽しみです。」

「アッセンはそれほど相性が良くないですが、好きなコース。難しいですが、攻め甲斐があります。チームの頑張りに応えるために、精一杯走ります。」

第6戦カタルーニャGP

フリー走行1: 1分47秒422 ‐ 23ラップ
フリー走行2: 1分47秒319 ‐ 23ラップ
公式予選: 1分47秒166 ‐ 17ラップ
ウォームアップ: 1分47秒700 ‐ 11ラップ
決勝レース: 1分46秒750 ‐ 23ラップ

合同テスト: 1分47秒377 ‐ 67ラップ

Tags:
250cc, 2009, ALICE TT ASSEN, Hiroshi Aoyama, Scot Racing Team 250cc

Other updates you may be interested in ›