初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:ポイントリーダーのバウティスタ、好発進

FP1:ポイントリーダーのバウティスタ、好発進

前戦勝者のバウティスタが、1番時計を刻めば、バルベラとディ・メッリオが好リズムで周回を重ねた。

第7戦TTアッセンのフリー走行1は25日、TTアッセンで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温25度。路面温度36度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのバウティスタは、5度目のコースインで1分41秒台を突破。1分40秒817の1番時計を記録。

エクトル・バルベラとマイク・ディ・メッリオは、最後のコースインで1分41秒台のペースを刻め、アレックス・デボンが続いた。

アプリリアとの間で、支払い問題にゆれるチーム・トスは、セッション中盤になってから、トランスポーターが渡され、マティア・パシーニは、残された時間で、5番手のタイムを記録。

来年最高峰クラスへのステップが正式決定したマルコ・シモンセリは、ルーカス・ペセックに次ぐ7番手だった。

青山博一は、ステップ・バイ・ステップでタイムを伸ばし、最後に1分41秒台に進出。8番手に入れば、負傷代役のアレックス・エスパルガロ、トーマス・ルティがトップ10。

前日にコースを念入りに下見した富沢祥也だったが、エンジンのトラブルに見舞われてしまい、トップから3.433秒差の18番手だった。

Tags:
250cc, 2009, ALICE TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›