初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:R.ドプニエ、今季初の1番時計

フリー走行1:R.ドプニエ、今季初の1番時計

プライベート勢ナンバー1を狙うランク9位のランディ・ド・プニエが、ランク上位6人を抑え、1番時計を記録すれば、高橋裕紀はハイサイドから転倒を喫したが、明日のフリー走行2に参加する。

第7戦TTアッセンのフリー走行1は25日、TTアッセンで行われ、ランディ・ド・プニエがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度36度のドライコンディションの中、ランク9位のフランス人ライダーが、ランクトップを抑える1分37秒842の1番時計を記録。今季初めてセッションを制した。

前戦勝者のポイントリーダー、バレンティーノ・ロッシは、0.005秒差の2番手。ランク3位のケーシー・ストーナーは0.035秒差の3番手。

ランク2位のホルヘ・ロレンソ、ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソ、ランク5位のダニ・ペドロサ、ランク6位のコーリン・エドワーズが続き、コーリン・エドワーズ、ジェームス・トーズランド、ロリス・カピロッシがトップ10入り。

11番手のアレックス・デ・アンジェリスまでが、トップから0.653秒差に接近した。

高橋裕紀は、11ラップ目にハイサイドから転倒。右膝を強打したが、検査の結果、骨折はなく、明日のセッションに参加する。

Tags:
MotoGP, 2009, ALICE TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›