初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:J.ロレンソが1番手時計

ウォームアップ走行:J.ロレンソが1番手時計

3番グリッドのロレンソが、ステップ・バイ・ステップでペースアップ。最終ラップに1分36秒台に進出すれば、ポールポジションのロッシは2番手。高橋は17番手だった。

第7戦TTアッセンのウォームアップ走行は27日、TTアッセンで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温20度。路面温度21度のドライコンディションの中、3番グリッドのロレンソは、周回を重ねる毎にラップタイムを確実に伸ばし、最終ラップには唯一1分37秒を突破する1分36秒928の1番時計を記録。

ポールポジションのバレンティーノ・ロッシは、0.107秒差の2番手。4番グリッドのケーシー・ストーナー、2番グリッドのダニ・ペドロサ、8番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソが続いた。

18番グリッドの高橋裕紀は、連続12ラップを走行。トップから2.434秒差の17番手だった。

250ccクラスは、4番グリッドのマルコ・シモンセリが1番時計。2番グリッドの青山博一が0.391秒差の2番手に入り、マティア・パシーニ、アレックス・デボンが続いた。

ポイントリーダーのアルバロ・バウティスタは5番手。ポールポジションのエクトル・バルベラは6番手。16番グリッドの富沢祥也は、1.479秒差の11番手に浮上した。

125ccクラスは、3番グリッドのニコラス・テロールがトップ。古巣に移籍したシモーネ・コルシ、ポイントリーダーのフリアン・シモン、フリー走行2を制したセルジオ・ガデア、ランク2位のブラドリー・スミスが続き、ポールポジションのサンドロ・コルテセは10番手に後退。

27番グリッドの中上貴晶は、2.072秒差の20番手。32番グリッドの小山知良は、3.852秒差の30番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, ALICE TT ASSEN, WUP

Other updates you may be interested in ›