初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール、ショートカットで5位後退

N.テロール、ショートカットで5位後退

3戦連続の2位でフィニッシュしたテロールだったが、シケイン不通過で5位に後退した。

ジャック&ジョーンズ・チームのニコラス・テロールは、第7戦TTアッセンの決勝レースで3番グリッドから3戦連続の2位でチェッカーを受けたが、ペナルティを受け、5位に後退した。

20歳のスペイン人ライダーは、フリアン・シモン、セルジオ・ガデアと優勝争いを演じたが、最終ラップのシケインをショートカット。

グランプリ前日には、IRTA国際レーシングチーム連盟からランオフを使用してアドバンテージを得ないことを通達されており、レース後、レースディレクションは、テロールに対して、20秒のペナルティを科した。

「レースには満足。ウォームアップ走行でグッドなリズムがあったから、トップに立って、グループを崩すことにトライ。フリアンとセルジ、僕だけになった」と、振り返った。

「最終ラップ、フリアンと僕は優勝に向けて、ファイトしたけど、2人ともシケインを少し突っ込み過ぎ、僕はそのままランオフに入ってしまった。」

「コースに戻ると、セルジオに抜かれ、追いかけたけど、勝てなかった。3戦連続の2位に大喜びだったけど、その後に、ペナルティを受けたことを聞いた。あのショートカットで何も得たものはないと思うけど、レースディレクションはそう思わなかったみたい。どうしようもできないし、厳しいけど、次のレースのことを考えたい。」

Tags:
125cc, 2009, ALICE TT ASSEN, Nicolas Terol, Jack & Jones Team

Other updates you may be interested in ›