初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走2:J.ロレンソ、最後に1番時計を記録

フリー走2:J.ロレンソ、最後に1番時計を記録

アメリカ合衆国独立記念日に行われた2日目の2度目セッションで、ロレンソが、最終ラップに1番時計を記録した。

第8戦アメリカGPのフリー走行2は4日、ラグナセカで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度29度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったロレンソは、連続15ラップと連続13ラップを実行した後、セッション終盤にソフトタイヤに履き替えると、最終ラップに1分21秒799を記録。セッションをリードしたケーシー・ストーナーを逆転した。

ストーナーは、僅か23ラップを走行。0.036秒差の2番手に入れば、初日を制したバレンティーノ・ロッシは、0.378秒差の3番手。トニ・エリアス、アンドレア・ドビツィオーソも1分22秒台を刻んだ。

ダニ・ペドロサは、3度目のコースインで連続19ラップを実行。転倒を喫したコーリン・エドワーズとクリス・バーミューレン、ニッキー・ヘイデン、ジェームス・トーズランドがトップ10入りした。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL U.S. GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›