Tickets purchase
VideoPass purchase

F.グレシーニ、エリアスにハードタイヤ装着を要求

F.グレシーニ、エリアスにハードタイヤ装着を要求

グレシーニは、エリアスの上位進出に向けて、タイヤ選択がポイントであることを説明した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのチームマネージャー、ファウスト・グレシーニは、トニ・エリアスに対して、ハードタイヤを装着することを勧めた。

前戦で今季最高位となる6位を獲得したスペイン人ライダーに対して、イタリア人マネージャーは、上位進出の可能性を高めるため、ライバルたちと同じタイヤ選択をする必要性を訴えた。

「我々はトニと共に、ここ数戦で著しい進歩を果たしましたが、まだ進むべき道は長いです。例えば、彼は軟らかいタイヤを使い続けていましたが、我々のライバルたちは硬いタイヤで走っていました」と、タイヤ選択について説明。

「トニがワンステップするために、レースリズムを良くするために、ハードタイヤでパフォーマンスを発揮することが重要です。これがこの2戦の目標です。」

前戦の勢いを維持したいエリアス自身は、「率直に、ザクセンリンクはあまり好きじゃない。過去を見れば、ここ3年間はケガをしていて、あまり、良い思い出がない」と語った。

ドイツGPのリザルト

MotoGPクラス
2008年: 12番グリッド – 12位
2007年: 欠場
2006年: 16番グリッド – 11位
2005年: 17番グリッド – 12位

250ccクラス
2004年: 7番グリッド – 22位
2003年: 9番グリッド – 7位
2002年: 9番グリッド – 6位

125ccクラス
2001年: 5番グリッド – 2位
2000年: 15番グリッド – 転倒リタイヤ

Tags:
MotoGP, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Toni Elias, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›