初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:H.バルベラ、快走のトップタイム

FP1:H.バルベラ、快走のトップタイム

バルベラが唯一1分24秒台に進出すれば、青山は7番手スタートだった。

第9戦ドイツGPのフリー走行1は17日、ザクセンリンクで行われ、エクトル・バルベラがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度28度のドライコンディションの中、ランク3位のバルベラは、終盤に2ラップ連続して1分25秒台を突破。1分24秒851の1番時計を記録して、初日を制した。

昨年勝者のマルコ・シモンセリは、0.461秒差の2番手。マティア・パシーニ、アレックス・デボンが続いた。

昨年125ccクラスで優勝したマイク・ディ・メッリオは5番手。最多31ラップを走行したロベルト・ロカテリが続いた。

ポイントリーダーの青山博一は、30ラップを走行。1分25秒台のペースで走行して、トップから0.769秒差の7番手。

負傷代役のアレックス・エスパルガロ、ラタパー・ヴィライロー、カレル・アブラハムがトップ10入り。

ランク2位のアルバロ・バウティスタは、0.885秒差の11番手。

ザクセンリンク初挑戦の富沢祥也は、連続12ラップを含む25ラップを走行。3.153秒差の18番手だった。

Tags:
250cc, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP1

Other updates you may be interested in ›