初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:ランク上位4人が1列目に並ぶ

QP:ランク上位4人が1列目に並ぶ

昨年ポール・トゥ・ウインを初めて決めた舞台で、シモンセリがトップグリッドを確保。ランク上位4人が1列目に並んだ。

第9戦ドイツGPの公式予選は18日、ザクセンリンクで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温14度。路面温度16度のレイントコンディションの中、ランク4位のシモンセリが、唯一1分33秒台を突破する1分32秒962を記録。第2戦日本GP以来のトップグリッドを獲得した。

ランク3位のエクトル・バルベラは、0.143秒差の2番手。ランク2位のアルバロ・バウティスタは、1.284秒差の3番手。

ポイントリーダーの青山博一は、2度目のコースで連続13ラップを実行。最終ラップに1.323秒差の1分34秒312を記録して、今季6度目の1列目を確保した。

フリー走行2で1番時計を記録したカレル・アブラハムは、自己最高位となる5番手。マティア・パシーニ、アレックス・デボン、エクトル・ファウベル、アレックス・エスパルガロ、マイク・ディ・メッリオがトップ10入り。

富沢祥也は、3.425秒差の18番手。明日の決勝レースは、5列目から迎える。

Tags:
250cc, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, QP

Other updates you may be interested in ›